デパケンR錠の副作用を解説!てんかんへの効果も解説!

デパケンはてんかんの発作を予防するために用いられる薬の1つです。

今回はそんなデパケンについてはじめ君親子と神田先生と一緒に見ていきます。

好奇心旺盛はじめ君
今日も勉強だ〜!
病に詳しい神田先生
しっかり解説していきますよ。

今回は3つの見出しに分けてデパケンの効果と副作用、さらにはデパケンの種類についてもお伝えしていきます。

では、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

デパケンR錠の効果を分かりやすく!てんかんに効果的?

flowers-342532_1280

では、まず最初にデパケンの効果についてお伝えしていきます。

デパケンはてんかん発作を予防するのに効果的な薬の1つです。

好奇心旺盛はじめ君
この薬を飲むと、どうしててんかん発作を予防できるんだろう??

デパケンを服用することでどのようにして、てんかん発作を予防できるか簡単に解説していきます。

てんかんとは脳の神経が興奮してしまうことにより、発作や意識障害が生じてしまうことです。

そこでデパケンを服用することにより、神経興奮を抑えてくれるClを増やしてくれます。

Clが増えることで、てんかん発作を予防してくれるのです。

デパケンを服用することで、

・意識が数秒〜数十秒なくなる

・体がけいれんを起こす

・口から泡を吹いて、倒れる

上記のような様々なてんかん発作を予防するのに効果的です。

デパケンを服用することで80〜90%の人がてんかんに対して、有効的であったということも分かっています。

またデパケンはてんかん発作の予防以外にも、片頭痛の予防に用いられるケースもあります。

はじめ君のお母さん
この薬の半減期はどれくらいなのかしら?
病に詳しい神田先生
12時間くらいですよ。

 

デパケンR錠の半減期は12時間程度です。

ちなみに半減期とは血液中の薬の濃度が半分になるまでの時間のことです。

またデパケンR錠を服用してから10時間程度で薬の血中濃度がMAXとなります。

薬の血中濃度がMAXに到達するまでの時間が短ければ短いほど、効果の強さが最高になるまでの時間が短いことになります。

デパケンR錠は即効性はありませんが、その分ゆっくり長く効果が持続するのが特徴です。

 

デパケンR錠の副作用を分かりやすく!

book-419589_1920

では続いて、デパケンの副作用についてお伝えしていきます。

はじめ君のお母さん
重い副作用が現れることはありますか?
病に詳しい神田先生
重い副作用が現れることは比較的、少ないですよ。

 

デパケンは重い副作用が現れにくい安全性の高い薬ですが、どのような副作用が現れやすいかについても念のため把握しておきましょう。

デパケンを服用したときに、

・めまいが生じたり、ふらつく

・食欲が増えたり、減ったりする

・下痢や便秘になる

具体的には上記のような副作用が、現れてしまうことがあります。

副作用の症状が辛い場合には、必ず医師に相談をするようにしましょう。

はじめ君のお母さん
他に注意することはありますか?
病に詳しい神田先生
飲み始めには注意が必要ですよ。

 

デパケンは先ほどお伝えした副作用の他に、飲み始めにも注意すべき副作用があります。

具体的には、

・熱が出てしまう

・嘔吐してしまう

デパケンを服用して肝臓に負担がかかることにより、上記のような副作用が生じることがあります。

また重大な副作用として、

・おかしな言動をする

・発疹ができでしまう

・痙攣したり、手足がしびれる

などの症状が現れることがあるので、念のため注意をするようにしましょう。

(ただ上記のような重大な副作用が現れることはほとんどありません。)

それ以外でも何かおかしいと感じた場合には、必ずかかりつけの医師・薬剤師に相談するようにしてください。

 

デパケンの種類を分かりやすく!

church-1081718_1920

これが最後の見出しです。

最後の見出しでは、デパケンの種類についてお伝えしていきます。

デパケンには、

・デパケン錠100mg、200mg

・デパケンR錠100mg、200mg

・デパケン細粒20%、40%

・デパケンシロップ5%

上記の7つの種類があります。

細粒タイプ・シロップタイプのデパケンは錠タイプのものが飲みにくいという人でも、服用することができます。

普通の錠とR錠の違いは、R錠の方がゆっくり長く効果が持続します。

R錠タイプ・普通の錠タイプのそれぞれの2つのデパケンの違いは見てもらえば分かると思いますが、デパケンに含まれている薬の成分量が違うだけです。

好奇心旺盛はじめ君
これらの薬はどうやって使い分けられてるのかな?
病に詳しい神田先生
これらの薬は年齢や症状によって使い分けられます。

 

薬の服用量は年齢・症状によって異なるので、年齢・症状によってこれらの薬が使い分けられます。

またデパケンは小児に対して処方されることもあります。

小児に対しては、服用しやすいようにシロップタイプや細粒タイプのデパケンが処方されることが多いです。

では、まとめの方に移っていきます。

スポンサーリンク

 

まとめ

では、今回のまとめの方に移っていきます。

今回はデパケンの効果や副作用を中心に様々なことをお伝えしてきました。

要点を押さえると・・・

1.デパケンはてんかん発作を予防するのに効果的!

2.デパケンは副作用でめまいがしたり、食欲が増えたり減ったりすることがある!

3.デパケンには7つの種類がある!

今回の内容をまとめるとこのようになります!

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ