ハロペリドールの副作用を解説!統合失調症に効果的なのか?

ハロペリドールは気持ちを穏やかにしてくれる薬の1つです。

今回はそんなハロペリドールについてはじめ君親子と神田先生と一緒に見ていきます。

好奇心旺盛はじめ君
今日も勉強だ〜!
病に詳しい神田先生
しっかり解説していきますよ。

今回は3つの見出しに分けてハロペリドールの効果と副作用、さらにはハロペリドールの種類についてもお伝えしていきます。

では、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

ハロペリドール錠の効果を分かりやすく!

deckchairs-355596_1920

では、まず最初にハロペリドールの効果についてお伝えしていきます。

ハロペリドールは気持ちを穏やかにするのに効果的な薬の1つです。

好奇心旺盛はじめ君
この薬はどうやって気持ちを穏やかにしているんだろう??

ハロペリドールを服用することで、どのようにして気持ちを穏やかにしているか簡単に解説していきます。

ドーパミンと呼ばれる脳内物質の量が多くなると、幻覚が見えるようになったり幻聴が聴こえるようになったりします。

そこでハロペリドールを服用することにより、脳内物質であるドーパミンの作用を抑えます。

ドーパミンの作用を抑えることで、こういった症状を和らげます。

具体的には、

・統合失調症

・強い不安感や緊張感

上記のような症状を和らげるのに効果的な薬の1つです。

ハロペリドールには興奮している状態を抑えるのにも効果があることから、不安感や緊張感を和らげるだけでなく不眠症の方に処方されることもあります。

効果が強力なのも、ハロペリドールの特徴の1つです。

ちなみに統合失調症というのは、幻聴が聞こえたり幻覚が見えたりする精神障害の1つです。

はじめ君のお母さん
この薬の半減期はどれくらいなのかしら?
病に詳しい神田先生
だいたい50時間くらいです。

 

ハロペリドールの半減期は50時間と、効果の持続性に非常に優れた薬です。

1日1回の服用でも十分に効果の持続性において期待することができますが、副作用が現れるリスクを極力減らすために1日2回〜3回に分けて服用されるケースが多いです。

またハロペリドールは即効性においても比較的優れていて、服用してからだいたい5時間程度で効果がピークに達します。

 

ハロペリドール錠の副作用を分かりやすく!

bubbles-1038648_1920

では続いて、ハロペリドールの副作用についてお伝えしています。

先ほどもお伝えしたように、この薬の効果は他の薬に比べても強力です。

効果が強力なため、ハロペリドールの服用量が多くなると副作用が現れることも多くなってきます

ですので、副作用についてもしっかりと把握しおくようにしましょう。

具体的には、

・体がこわばる、手が震える

・便秘がちになる、口が渇く

ハロペリドールを服用したときに、上記のような副作用が現れることがあります。

副作用がひどい場合は必ず医師に相談するようにしましょう。

はじめ君のお母さん
他に注意すべき副作用はあるのかしら?
病に詳しい神田先生
少し怖い副作用が現れることがあります。

 

ハロペリドールを服用したときに少し怖くなる副作用が現れることがあります。

それは、

・足がムズムズしてしまう

・手足が勝手に動いてしまう

上記のような副作用です。

命に別状があるわけではないですが、ハロペリドールを服用している方にとっては非常に辛い副作用です。

そのためこういった副作用が現れた場合は、他の薬で代替できるようによく医師と相談するようにしましょう。

また重大な副作用として、

・体が硬直する

・食欲不振になる、吐き気がする

・手足がしびれたり、痙攣する

などの症状が現れることがあるので、念のため注意をするようにしましょう。

(ただ上記のような重大な副作用が現れることはほとんどありません。)

それ以外でも何かおかしいと感じた場合には、必ずかかりつけの医師・薬剤師に相談するようにしてください。

 

ハロペリドールの種類を分かりやすく!

grandchild-532455_1280

これが最後の見出しです。

最後の見出しでは、ハロペリドールの種類についてお伝えしていきます。

ハロペリドールには、

・ハロペリドール錠0.75mg、1mg、1.5mg、3mg

・ハロペリドール細粒1%

・ハロペリドール内服液0.2%

上記の6つの種類があります。

細粒タイプ・内服液のスルピリドは錠タイプのものが飲みにくいという人でも、服用することができます。

またそれ以外の4つのハロペリドール錠の違いは見てもらえば分かると思いますが、ハロペリドール錠に含まれている薬の成分量が違うだけです。

好奇心旺盛はじめ君
これらの薬はどうやって使い分けられてるのかな?
病に詳しい神田先生
これらの薬は年齢や症状によって使い分けられます。

 

薬の服用量は年齢・症状によって異なるので、年齢・症状によってこれらの薬が使い分けられます。

ハロペリドール錠は効果が強力な薬であるため、最初は少量から処方されることが多いです。

そして様子を見ながら徐々に徐々に薬の処方量を増量していきます。

そのため少量からでも服用しやすいように、これだけ多くの種類のハロペリドールが存在しているのです。

では、まとめの方に移っていきます。

スポンサーリンク

 

まとめ

では、今回のまとめの方に移っていきます。

今回はハロペリドールの効果や副作用を中心に様々なことをお伝えしてきました。

要点を押さえると・・・

1.ハロペリドールは統合失調症や不安感・緊張感を和らげるのに効果的!

2.ハロペリドールは副作用で顔がこわばったり、手が震えることがある!

3.ハロペリドールには6つの種類がある!

今回の内容をまとめるとこのようになります!

ハロペリドールと同じように不安感や緊張感を和らげる、コンスタンという薬を知っていますか?

知らないという方はぜひ以下の記事をご覧ください。

コンスタンの副作用を超分かりやすく解説!その効果も解説!

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ