トランサミンカプセルの効果と副作用を分かりやすく解説!

トランサミンカプセルは止血したいときやシミの治療などにも使われる薬です。

今回はそんなトランサミンについてはじめ君親子と神田先生と一緒に見ていきます。

好奇心旺盛はじめ君
今日も頑張るぞ〜!
病に詳しい神田先生
しっかり解説していきますよ。

今回は3つの見出しに分けてトランサミンの効果や副作用、さらにはトランサミンの薬の種類についても見ていきます。

では、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

トランサミンの効果!

candle-335965_1920

最初にトランサミンの効果について見ていきます。

トランサミンという薬の主な成分はトラネキサム酸と呼ばれる成分です。

このトランサミンは様々な用途に使われる薬で、

・シミの治療、止血作用

・湿疹、口内炎、のどの腫れ

などに対して効果を発揮します。

好奇心旺盛はじめ君
どうしてこんなに色々な用途で使われるんだ?
病に詳しい神田先生
それはプラスワンと呼ばれる酵素がカギを握っています。

 

血液を溶かす物質の働きをするプラスミンと呼ばれる酵素が体内には存在しています。

さらにプラスミンは血液を溶かすだけでなく、アレルギーや炎症反応も引き起こす酵素です。

このプラスミンの働きを抑制するのがトランサミンです。

この薬がプラスミンの働きを抑制することによって、シミが薄くなったり発疹がおさまったりします。

ちなみにこの薬に即効性はあまり期待できないのですが、徐々に徐々にじわじわと効いてきます。

ですので、すぐに効果が現れなくても服用を続けるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

トランサミンの副作用!

hands-423794_1920

次に、トランサミンの副作用について見ていきます。

トランサミンは副作用の生じることの少ない、とても安全性の高い薬です。

ただ稀に、

・食欲不振、下痢

・吐き気、発疹

などの副作用が生じることがあるので、こういった副作用が現れた場合にはすぐかかりつけの医師・薬剤師に相談するようにしてください。

はじめ君のお母さん
副作用以外に何か注意点はありますか?
病に詳しい神田先生
一部の人は注意する必要がありますね。

 

これは副作用ではないのですが、トランサミンを服用して止血作用が働くことにより、血液凝固障害や血栓症(具体的には心筋梗塞など)の人には少なからず影響が生じます。

ですので、血栓性や血液凝固障害の人がトランサミンを服用する際には注意するようにしてください。

また止血薬のトロンビンとトランサミンを一緒に服用することによって、血栓ができやすくなるのでこの2つの薬を同時に服用することは必ず避けましょう。

 

トランサミンの種類!

fruits-818789_1920

では、トランサミンの種類について見ていきます。

トランサミンには、

・トランサミンカプセル250mg

・トランサミン錠250mg

・トランサミン散50%

・トランサミンシロップ

の4つの種類があります。

これだけ多くの種類があるので、それぞれ個々にあった薬を服用することができます。

なんとトランサミンシロップに関して言えば、1歳以下の小児でも服用することが可能です。

好奇心旺盛はじめ君
1歳以下でも服用できちゃうなんてスゴイな!
病に詳しい神田先生
1歳以下でも服用できる薬というのは少ないですからね。

これは先ほどの見出しでも述べたようにトランサミンが副作用の生じることの少ない薬だからこそ、1歳以下でも服用することができます。

では、まとめの方に移っていきましょう。

 

 

まとめ

では、今回のまとめの方に移っていきます。

今回はトランサミンカプセルの効果や副作用を中心に様々なことをお伝えしてきました。

今回の要点を押さえると・・・

1.トランサミンはシミ、発疹、口内炎、止血などに効果的!

2.トランサミンは安全性の高い薬で、副作用が生じることは少ない!

3.トランサミンには4種類あり、1歳以下の小児でも服用可能!

今回の内容をまとめるとこのような内容になります!

シナールという薬をご存知ですか?

トランサミンと同じように、美白に効果が期待できる薬の1つです。

シナールについて以下の記事でまとめているので、美白に効果的な薬について興味がある方はぜひ読んでみてください。

シナール配合錠の効果を分かりやすく解説!美白にもなれる?

 

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ