クエチアピン錠の副作用を超分かりやすく!太るのは本当か?

クエチアピンは気持ちを穏やかにするのに効果的な薬の1つです。

今回はそんなクエチアピンについてはじめ君親子と神田先生と一緒に見ていきます。

好奇心旺盛はじめ君
今日も勉強だ〜!
病に詳しい神田先生
しっかり解説していきますよ。

今回は3つの見出しに分けてクエチアピンの効果と副作用、さらにはクエチアピンの種類についてもお伝えしていきます。

では、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

クエチアピン錠の効果を分かりやすく!

color-300343_1920

では、まず最初にクエチアピンの効果についてお伝えしていきます。

クエチアピンは気持ちを穏やかにするのに効果的な薬の1つです。

好奇心旺盛はじめ君
この薬を飲むと、どうして気持ちが穏やかになるんだろう??

クエチアピンを服用することで、どのようにして気持ちが穏やかになるか簡単に説明していきます。

ドーパミンと呼ばれる脳内物質の量が多くなると、幻覚が見えたり幻聴が聴こえたりします。

そこでクエチアピンを服用することにより、脳内物質であるドーパミンの作用を抑えます。

またクエチアピンには、セロトニンの作用を抑える働きもあります。

セロトニンやドーパミンの作用を抑えることで、

・統合失調症

・強い不安感や緊張感

・うつ状態

上記のような症状を和らげる働きをします。

ちなみにクエチアピンは統合失調症の陽性症状(幻覚・幻聴・妄想・思考の混乱など)に効果的なのはもちろんですが、統合失調症の陽性症状(無関心・無感情・意欲の減退など)にも効果的です。

この薬は統合失調症にだけ効果的なわけではなく、強い不安感や緊張感・うつ状態を和らげる目的などでも用いられます。

またクエチアピンの効果は他の統合失調症の薬に比べても強力なため、少量でもかなりの効果が期待できます。

はじめ君のお母さん
この薬の半減期はどれくらいなのかしら?
病に詳しい神田先生
3時間半〜6時間くらいです。

 

クエチアピンの半減期は3時間半〜6時間です。

ちなみに半減期とは血液中の薬の濃度が半分になるまでの時間のことです。

またクエチアピンを服用してから1〜2時間程度で薬の血中濃度がMAXとなります。

薬の血中濃度がMAXに到達するまでの時間が短ければ短いほど、効果の強さが最高になるまでの時間が短いことになります。

 

クエチアピンの副作用を分かりやすく!

deckchairs-355596_1920

では続いて、クエチアピンの副作用についてお伝えしていきます。

先ほどの見出しでもお伝えしたように、この薬の効果は他の痛みを和らげる薬に比べても強力です。

効果が強力ですのでクエチアピンを服用する量が増えると、その分副作用も現れやすくなってきます。

副作用が現れたときに、慌てないためにもクエチアピンの副作用について把握しておきましょう。

具体的には、

・便秘になる、口が渇く

・めまい(立ちくらみ)がする

・手がふるえたり、こわばる

上記のような副作用が現れることがあるので注意しましょう。

副作用の症状が強い場合には、必ず医師に相談するようにしましょう。

はじめ君のお母さん
他に注意すべき副作用はあるのかしら?
病に詳しい神田先生
食欲が増進し、太ることがあるので注意が必要です。

 

先ほどお伝えした副作用の他に、

・食欲が増える

上記の副作用によって太ってしまうことがあります。

これはクエチアピンを服用することでドーパミンの作用が抑えられ、食欲が増えてしまうのです。

太ってきてしまった場合には、食生活を見直したり運動を心がけるようにしましょう。

また重大な副作用として、

・体が硬直する

・食欲不振になる、吐き気がする

・手足がしびれたり、痙攣する

などの症状が現れることがあるので、念のため注意をするようにしましょう。

(ただ上記のような重大な副作用が現れることはほとんどありません。)

それ以外でも何かおかしいと感じた場合には、必ずかかりつけの医師・薬剤師に相談するようにしてください。

 

クエチアピンの種類を分かりやすく!

young-woman-635252_1920 (1)

これが最後の見出しです。

最後の見出しでは、クエチアピンの種類についてお伝えしていきます。

クエチアピンには、

・クエチアピン錠12.5mg、25mg

・クエチアピン錠50mg、100mg

・クエチアピン細粒50%

上記の5つの種類があります。

細粒タイプのクエチアピンは錠タイプのものが飲みにくいという人でも、服用することができます。

残りの4つの錠タイプのクエチアピンの違いは見てもらえば分かると思いますが、クエチアピンに含まれている薬の成分量が違うだけです。

好奇心旺盛はじめ君
これらの薬はどうやって使い分けられてるのかな?
病に詳しい神田先生
これらの薬は年齢や症状によって使い分けられます。

 

薬の服用量は年齢・症状によって異なるので、年齢・症状によってこれらの薬が使い分けられます。

またクエチアピンは効果が強力な薬であるため、最初は少量から処方されることが多いです。

そして様子を見ながら、徐々に徐々に薬の処方量を増量していくというのが一般的です。

では、まとめの方に移っていきます。

スポンサーリンク

 

まとめ

では、今回のまとめの方に移っていきます。

今回はクエチアピンの効果や副作用を中心に様々なことをお伝えしてきました。

要点を押さえると・・・

1.クエチアピンは統合失調症や不安感・緊張感を和らげるのに効果的!

2.クエチアピンは副作用でめまいがしたり、口が渇いたり、食欲が増進されることがある!

3.クエチアピンには5つの種類がある!

今回の内容をまとめるとこのようになります!

クエチアピンと同じように不安感や緊張感を和らげる、コンスタンという薬を知っていますか?

知らないという方はぜひ以下の記事をご覧ください。

コンスタンの副作用を超分かりやすく解説!その効果も解説!

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ