溶連菌感染症の予防法まとめ!他の予防接種時の注意点とは?

溶連菌感染症というのは、38度〜39度の熱が出てしまうなかなか厄介な病気です。

舌につぶつぶができたり全身に小さな発疹ができたりもします。

今回はそんな溶連菌感染症の予防法について、はじめ君と神田先生と一緒に見ていきます。

好奇心旺盛はじめ君
今日も勉強だ〜!
病に詳しい神田先生
しっかり解説していきますよ。

では、早速見ていきます。

スポンサーリンク

 

溶連菌感染症に予防接種はあるのか?

注射

溶連菌感染症の予防法を見ていく前に、まずは溶連菌感染症の予防接種は存在するのか?

ということについて見ていきます。

溶連菌感染症の予防接種(ワクチン)は、まだ開発されていないです。

ですが現在の医療はどんどん進化しているので、近いうちに溶連菌感染症の予防接種を開発する天才が現れる可能性も十分あります。

今後に期待ということですね!!

ではでは前置きが長くなりましたが、いよいよ溶連菌感染症の予防法について見ていきます。

好奇心旺盛はじめ君
いよいよだー!!

 

溶連菌感染症の予防法まとめ!この2つを意識!

外国の女の子の後ろ姿

先ほどの見出しからも分かったように、

溶連菌感染症のための予防接種(ワクチン)はまだ開発されていません。

ですので溶連菌感染症を予防するためには、

・菌が体に侵入することを防ぐこと

・体の免疫力を最大限まで高めること

を常に意識する必要があります。

好奇心旺盛はじめ君
難しくてよくわかんないや〜。僕ねむくなってきちゃった。
最強すぎる神田先生
はじめ君にも分かるように解説していくから大丈夫ですよ。

もう少し頑張りましょう!

この2つをそれぞれの項目に分けて、

さらに具体的な方法なところまで掘り下げてご覧頂こうと思います。

ちなみに溶連菌感染症に感染してしまう原因は以下の記事で解説しています。

溶連菌感染症の原因!大人も感染するのは何故なのか?

 

菌が体に侵入することを防ぐ!

溶連菌感染症に対する1つ目の対策が、

菌が体に侵入することを防ぐということです。

菌が体に侵入するのを防ぐ一番お手軽で効果的な方法は、

手洗いうがいです!!

好奇心旺盛はじめ君
手洗いうがいは学校でもするように言われているけど、

そんなに効果ってあるのかな〜・・・

最強すぎる神田先生
おっと。

手洗いうがいの効果は絶大なんですよ。

その効果は実験でも証明されていますからね。

手洗いうがいなんて・・・

とおっしゃる方もいるかもしれませんが、

手洗いうがいの効果は絶大です!

ちなみに手洗いだけでも、

風邪を事前に40%は防げるとの実験結果も出ているようなので驚きです。

好奇心旺盛はじめ君
手洗いうがいってスゴイんだな!!

外から帰ってきたら、

バイ菌を落とすためにも手洗い・うがいをしましょう

またさらに菌が体に入るのを防ぎたいという方は、

マスクも着用しましょう。

 

体の免疫力を最大限まで高める

続いて体の免疫力を最大限まで高める方法について、

解説していきます。

体の免疫力を高めることによって、

体に菌が侵入してきたときにしっかりと退治することができます。

体の免疫力を高めるために最も重要なことは、

疲れを溜めないということです。

体が疲れていると、

どうしても菌に負けてしまう体になってしまいます。

そのために・・・

十分な睡眠・バランスの良い食事を心がけましょう。

はじめ君のお母さん
はじめ。夜はできるだけ早く寝ようね。

昨日は夜更かししてたからね・・・。

好奇心旺盛はじめ君
はーい。

気をつけます。

最強すぎる神田先生
はじめ君!

夜は早く寝て、ちゃんと疲れをとらなきゃダメですよ!

みなさんも夜更かしには気をつけましょう。笑

最後に、他の予防接種を受けるときの注意点について見ていきます。

 

溶連菌感染症に感染したあとに予防接種を受けるときの注意点!

注意マークがたくさん

溶連菌感染症に感染したあとに、

予防接種を受けたいというときに知っておいてほしいことがあります。

よく忘れがちなことなので、

ぜひとも注意しておいてほしいことです。

溶連菌感染症の解熱に1日程度かかった場合は、

1〜2週間程度の日にちを空けてから予防接種をするということです。

溶連菌感染症の解熱に3日以上かかった場合は、2〜3週間程度空ける必要があります。

はじめ君のお母さん
これは盲点だったわ。
最強すぎる神田先生
意外と重要なことなので、頭に入れておきましょう。

なぜ予防接種をするために期間を空けてなければならないのでしょうか・・・?

それはこのくらいの期間を空けなければ、

予防接種が溶連菌感染症を悪化させてしまったり、

溶連菌感染症が予防接種の副作用を強大化させてしまったりすることがあるからです。

特に小さなお子さんの場合、

予防接種を受けるという機会も多いと思われるので、

お子さんがいらっしゃるという方は頭の片隅にぜひ置いておきましょう!!

Sponsored Link

 

今回のまとめ!

では今回学んだ内容をまとめていきましょう。

最初に溶連菌感染症の予防接種はあるのか?ということについて見て、

次に溶連菌感染症の予防法を2つの項目に分けて見ていきましたね。

そして最後は溶連菌感染症に感染した後に、

他の予防接種を受けるときの注意点についても見ました。

今回の記事の要点を押さえると・・・

1.溶連菌感染症の予防接種はない!(今後に期待)

2.手洗いうがいの効果は絶大!

3.疲れを溜めないために十分な睡眠とバランスの良い食事が大事!

4.溶連菌感染症に感染したあと予防接種を受けるときは、

 ある程度の期間を空ける!

という感じですかね。

今日学んだことをぜひ日々の生活に活かしてみてくださいね♪

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ