マグミットの効果を分かりやすく!下痢の時の対処法は?

マグミットは便秘を解消するのにとても効果的な薬です。

今日はそんなマグミットについてはじめ君親子と神田先生と一緒に見ていきます。

好奇心旺盛はじめ君
今日も勉強だ〜〜!
病に詳しい神田先生
しっかり解説していきますよ。

今回は3つの見出しに分けてマグミットの効果や副作用、本当に正しいマグミットの飲み方について解説していきます。

では、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

マグミットが便秘に効果的な理由!

document-428334_1920

マグミットは便秘に対してとても効果的な薬です。

便秘で悩んでいる人によく処方されます。

このマグミットと呼ばれる薬は、腸内に水分を引き寄せてくれる働きをしてくれます。

腸内に水分を引き寄せられることで便が柔らかく・便の容積が増大し、腸が刺激を受けて排便しやすくなるのです。

さらに排便しやすくなるだけでなく、便が柔らかくなることによって肛門を痛めるリスクも最小限に抑えることができます。

マグミットを服用してからどれくらいの時間で効果を発揮してくれるのか?ということも気になるポイントの1つだと思います。

これについては個人差がありますが、大体6〜8時間程度で効果を発揮し始めます。

はじめ君のお母さん
1日以内に効果が現れるのはありがたいわね。
病に詳しい神田先生
多くの方に処方されている薬ですからね。

 

1日以内に効果を発揮してくれるということで、比較的即効性もある薬なのではないでしょうか。

ちなみにマグミットは便秘以外でも・・・

・尿路蓚酸カルシウム結石の予防

・胃炎の症状改善

・胃・十二指腸潰瘍の症状改善

などにも効果的な薬としても医者から処方されることがあります。

 

マグミットの副作用!下痢のときの対処法も!

building-485413_1920

では、マグミットの副作用について見ていきます。

マグミットは非常に昔から使われている酸化マグネシウムが主成分です。

酸化マグネシウムが主成分ということで安全性の高い薬ですが、薬が合わなかったり服用量が多くなると・・・

・下痢

・腹痛

の副作用が生じてしまうことがあるので、注意が必要です。

これはマグミットを服用したことにより、便が柔らかくなってしまうからです。

こういった場合には服用する量を調節(あるいは変更)する必要が生じるので、下痢や腹痛の症状がツライ場合にはかかりつけの医師・薬剤師に相談するようにしてください。

また腎臓が悪い場合や高齢の方だと重大な副作用として、血中のマグネシウム濃度が上昇することにより高マグネシウム血症を発症してしまうことが稀にあります。

高マグネシウム血症を発症すると、

・だるい、吐き気、口が渇く、血圧低下

などの症状が生じます。

こういった症状が現れた場合にもかかりつけの医師や薬剤師に相談するようにしてみてください。

 

マグミットの正しい飲み方は?

girl-1039729_1920

では、マグミットの正しい飲み方について解説していきます。

マグミットの正しい飲み方、それは・・・

医者に言われた飲み方を守るということです。

は???そんなの知ってるし???

という声が聞こえてきそうですが、これには理由があるんです。笑

マグミットは症状によって服用する量が異なったりするので、一概にこの飲み方が正しいとお伝えすることはできないんです。

ただそれでは実に味気ないので、注意すべき飲み合わせについて触れておきます。

マグミットを服用している時に牛乳やカルシウムを大量に摂取してしまうと・・・

・高カルシウム血症、高窒素血症

などを引き起こしてしまうことがあります。

こういった症状を引き起こすと、吐き気がしたり逆に便秘がひどくなったりするので注意が必要です。

ただ牛乳の場合1日1L以内であれば問題ないので、大丈夫だとは思いますが・・・

好奇心旺盛はじめ君
僕でも牛乳1Lは無理だ・・・。

さすがのはじめ君でも無理なようです。笑

では、まとめの方に移っていきます。

スポンサーリンク

 

まとめ!

では、今回のまとめの方に移っていきます。

今回はマグミットの効果や副作用を中心に様々なことをお伝えしてきました。

今回の要点を押さえると・・・

1.マグミットは下痢に効果的で比較的即効性もある!

2.マグミットを服用する際は下痢や腹痛の副作用に注意する!

3.マグミットの飲み方は症状によって異なる!

こんな感じでしょうか。

腸にやさしい善玉の乳酸菌を補ってくれる薬、ミヤBM錠に関しても以下の記事でまとめているのでぜひご覧ください。

ミヤBM錠は小児への服用もOK?市販はされているのか?

ミヤBM錠に関してもサラッと知っておいて良いと思います。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ