バファリンの成分と効果を2つの見出しで分かりやすく解説!

バファリンは頭痛や発熱時などに用いられる薬です。

今回はそんなバファリンについてはじめ君親子と神田先生と一緒に見ていきます。

好奇心旺盛はじめ君
今日も勉強だ〜!
病に詳しい神田先生
しっかり解説していきますよ。

今回は3つの見出しに分けてバファリンの成分や効果、さらにはバファリンの副作用についてもお伝えしていきます。

では、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

バファリンの成分と効果を分かりやすく解説!

man-597008_1920

最初に、バファリンの成分について見ていきます。

バファリンと一口に言ってもバファリンにも色々と種類があるので、4つの種類のバファリンについてそれぞれの成分とその効果を解説していきます。

 

・バファリンA

このバファリンAが一般的によく知られている通常タイプのバファリンとなります。

バファリンAの主成分はアスピリンで、ダイバッファーHTという成分も使われています。

アスピリンは100年以上前から使われてる薬で、現在もなお重宝されています。

このアスピリンは、

・頭痛、発熱

・肩こり、腰痛、生理痛

など主に痛みを抑えるのに効果的な成分です。

ただアスピリンは、時として胃腸の働きを弱めることがあるので注意が必要です。

そこで胃腸の働きを助けてくれるのが、ダイバッファーHTです。

アスピリンによる胃の荒れをダイバッファーHTが防止してくれるます!

 

バファリンAで使われているアスピリンについて、詳しくはこちらで解説しています。

アスピリンとは?その効果と副作用を分かりやすく!

 

・バファリン風邪EX

バファリン風邪EXは名前の通り、風邪によく効くバファリンです。

バファリン風邪EXの主成分はイブプロフェンです。

このイブプロフェンは炎症をしずめて、

・発熱、のどの痛み

・鼻水、せき、たん

などの風邪の症状に効果的です。

しかも風邪の症状を抑える即効性の面でも優れている成分と言えます。

このイブプロフェンの即効性に、さらに磨きをかけたのがバファリン風邪EXです。

 

バファリン風邪EXで使われているイブプロフェンについて、詳しくはこちらで解説しています。

イブプロフェンの効果と副作用を分かりやすく丁寧に解説!

 

・バファリンルナ i

バファリンルナiは、生理痛・頭痛によく効く女性向けのバファリンです。

ルナって言葉がなんかまず、女性っぽいですもんね。笑

ちなみにバファリンルナiは小粒にすることで、女性でも飲みやすいサイズになっています。

はじめ君のお母さん
小粒なのはありがたいわね。
病に詳しい神田先生
小粒だと服用しやすいですよね。

 

そして、バファリンルナiの主成分はアセトアミノフェンとイブプロフェンです。

イブプロフェンについては、先ほどお伝えしたので省略させて頂きますね。

アセトアミノフェンは血管を広げることによって、

・生理痛、頭痛、歯痛

・腰痛、肩こり

などに対して効果を発揮します。

生理痛・頭痛によく効くということで、バファリンルナiは女性にオススメです。

 

バファリンルナiで使われているアセトアミノフェンとイブプロフェンについて、詳しくはこちらで解説しています。

アセトアミノフェンの副作用を0から解説!授乳時は大丈夫?

イブプロフェンの効果と副作用を分かりやすく丁寧に解説!

 

・バファリンプレミアム

バファリンプレミアムは頭痛・発熱に早く良く効くバファリンです。

バファリンプレミアムは、イブプロフェンとアセトアミノフェンが主成分として使われています。

どちらの成分についても、もう既にお伝えさせて頂いのでここでは省略させて頂きますね。

 

バファリンプレミアムはとにかく早く効くことにこだわっただけでなく、胃への負担を極限まで抑えることにもこだわっています。

プレミアムという言葉からも連想できるように、超最高級(言い過ぎ?笑)なバファリンです。

一刻でも早く頭痛や発熱などを治したい方は、このバファリンプレミアムを服用してみてください。

好奇心旺盛はじめ君
プレミアムっていう言葉を聞くだけで、なんだかワクワクするな〜

 

また、バファリンプレミアムで使われているアセトアミノフェンとイブプロフェンについて、詳しくはこちらで解説しています。

アセトアミノフェンの副作用を0から解説!授乳時は大丈夫?

イブプロフェンの効果と副作用を分かりやすく丁寧に解説!

 

バファリンの副作用!

green-1114150_1280

では、続いてバファリンの副作用について見ていきます。

バファリンは頭痛や発熱にとても効果的な薬ですが、副作用が生じることもあるので注意が必要です。

バファリンを服用すると、

・胃痛、胃潰瘍

などの胃機能障害が生じることがあるので、胃が弱い方はバファリンを服用する際に注意してください。

またそれ以外にもバファリンの副作用として、

・耳鳴り、吐き気、血液障害

・発疹、蕁麻疹(じんましん)

などの症状が現れることがあるので、念のため注意をするようにしましょう。

(ただ上記のような重大な副作用が現れることはほとんどありません。)

持病を抱えていたりと何か不安がある場合には、薬局やドラックストアにいる薬剤師に相談するようにしてみてください。

では、まとめの方に移っていきます。

スポンサーリンク

 

まとめ

では、今回のまとめの方に移っていきます。

今回はバファリンの効果や副作用を中心に様々なことをお伝えしてきました。

今回の要点を押さえると・・・

1.バファリンは頭痛や発熱だけでなく生理痛などにも効果的!

2.バファリンにも種類があるので、それぞれの特性を理解して選ぶ!

3.バファリンは副作用で胃腸の働きが弱くなることがある!

こんな感じでしょうか。

カロナールという頭痛や発熱に効く薬があります。

カロナールについては以下の記事で解説していますので、ぜひ目を通してみてください!

カロナールは副作用で眠気は生じるのか?0から解説!(必見!)

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ