爪の形が悪い!直すためはどうすればいい?

爪を見て形が悪いと感じた場合は、状態に応じた適切な対応をすることで、元に戻す為のきっかけが得られます。

今回はそんな爪の形が悪い理由と直すための方法についてはじめ君親子と神田先生と一緒に見ていきます。

好奇心旺盛はじめ君
今日も勉強だ〜!
病に詳しい神田先生
しっかり解説していきますよ。

今回は4つの見出しに分けて、爪の形が悪い理由と直すための方法について解説をしていきます。

では、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

爪の形が悪化する1つ目の原因・理由

notes-514998_1920

爪の形が悪化した理由はいくつか考えられますが、これらの原因を解決することで、次第に爪は元の状態に戻り悩みが解消されます。

爪の形が悪化したと考えられる1つ目の主な原因・理由は、

・爪を必要以上に伸ばしすぎた

・爪を深く切りすぎた

・足に合わない靴を履いている

といった外から力が掛かる物理的な影響が考えられます。

好奇心旺盛はじめ君
爪の形はすぐに直りそうだけどな〜
病に詳しい神田先生
実はそんなこともないんですよ。

 

爪は一度形が悪化すると、なかなか元の綺麗な爪に戻りにくい性質を持っています。

外圧や深爪の負担は思いのほか指先に残るので、悪い状態や習慣に気付くことがあれば、早めに対処することが何よりも肝心です。

具体的な直すための方法については、後ほど詳しく解説していきます。

 

 

爪の形が悪化する2つ目の原因・理由

autumn-1021317_1920

爪の形が悪化したと考えられる2つ目の主な原因・理由は、

・遺伝

です。

実は生まれ付きの遺伝が爪の形が悪化している原因になる場合もあります。

遺伝によって形が悪い場合は、靴のサイズや病気が直接的な原因ではないので、靴選びや健康に気を付けたからといって、100%爪が良くなる保証はありません。

しかし靴選びや生活習慣も爪の形に影響を与えるので、爪の形に遺伝的な影響が強いとしても、諦めず生活の改善を続けることは重要です。

好奇心旺盛はじめ君
遺伝の人はどうすれば良いんだ〜〜
病に詳しい神田先生
矯正という方法もありますよ。

 

生まれ持った爪が、残念なことに悪い形だという場合には、矯正という方法に挑戦してみるのも有効です。

巻爪等は特に、矯正出来る可能性が非常に高いので、これ以上の悪化を防ぐ意味でも、早期に矯正した方が安心に繋がるでしょう。

悪い爪の形が初期症状であれば、小さな力で矯正する変え方に挑戦可能ですし、自力で改善出来る可能性もあります。

爪が大きく内巻きになっていて、肉に食い込むと感じる時があるなら、爪の問題に詳しい医療施設であったり、ネイルサロンに相談してみると頼りになります。

 

爪の形が悪化する3つ目の原因・理由

hands-1032312_1920

外的要因や健康問題、そして遺伝的な理由でもない場合は、意外な見落としがないか再確認する必要があります。

爪の形が悪化したと考えられる3つ目の主な原因・理由は、

・皮膚の荒れ

です。

皮膚疾患は、時に爪にまで影響を及ぼし、深くまで進行して症状を悪化させてしまう要因です。

特に・・・

・蒸れ

・衛生状態

・免疫力

こういったものに影響を及ぼす水虫は通常、一般的に指の間や皮膚の隙間、シワに根を張って周囲を悪い状態に変化させます。

一見すると爪は関係ない、そう思われる場合もあるでしょうが、残念なことに爪に真菌が生息する、爪水虫という症状が存在します。

好奇心旺盛はじめ君
爪水虫になるとどうなるんだろう?
病に詳しい神田先生
なんと日常生活に支障をきたすことまであります。

 

症状の原因は、皮膚に生息するものと同じですが、変色や形状の悪化を招いたり、症状が進行すると強度にも大きな影響を与え始めます。

僅かな力で割れてしまったり、大きく剥がれてしまうようになりますから、形が悪い見た目になるばかりか、日常生活に支障が出始めるでしょう。

薬が浸透する皮膚であっても、水虫菌を減らして症状を改善する変え方は、とても長い時間と根気が必要になります。

爪の場合も基本的に、皮膚と同じ治療法で改善を目指しますが、薬の浸透に期待することが難しいので、皮膚よりも治療に時間が掛かる恐れがあります。

それでも、放置して自然に回復する確率は低く、むしろ悪い状態に進行する恐れが懸念されるので、治療はなるべく直ぐに始める方が効果的です。

スポンサードリンク

 

爪の悪い形を直すためには?

cinnamon-sticks-691190_1280

爪の形が悪いなと感じたら、まずは出来ることから始めることを強くオススメします。

日常的な爪のお手入れは切れ味の良い爪切りで適度に切り揃えて、後はヤスリで整える程度で構いません。

完璧に切ろうとすると、深爪を誘発ことになりますのでやすりも一緒に使うことをオススメします。

好奇心旺盛はじめ君
それ以外には何に注意すればいいかな?
病に詳しい神田先生
靴の選び方や食生活ですね。

 

靴は足に余裕がある物を選んだ方が、爪への負担を減らすことができます。

物理面だけではなく、内面からも美しい状態に変えたいなら、タンパク質を中心に、ビタミンやミネラルが十分に摂れる食生活を目指しましょう。

タンパク質は、皮膚や髪の材料として必須なので、不足すると年齢以上に老化して見えたり、傷んだ状態の修復に時間が掛かることになります。

病に詳しい神田先生
爪を噛まないことも重要ですね。

 

手の指は、足に比べると悪い状態に陥る要因は少ないものの、無意識の内に歯で噛んだり、指の力加減が問題を引き起こすこともあり得ます。

爪を噛む癖を持つ人は、常に断面の形状が崩れていたり、何度も噛んで慢性的な深爪状態を深刻化させています。

ストレスが癖を悪化させるので、息抜きや気分転換を積極的に取り入れて、指を意識的に口元から遠ざけることが、手の指先を綺麗に保つ為のコツです。

美しさを手に入れるには、結果に見合うだけの努力と、諦めずに続ける継続的な取り組みが求められます。

問題の要因に個人差はありますが、結果には必ず原因があり、大抵のことには打開策があるので、希望を持ち前向きに取り組むことが不可欠です。

病に詳しい神田先生
どうしてもという時には専門家を頼りましょう。

 

最も早く、確実に悪い状態を改善する変え方が知りたいなら、思い当たる節をヒントにして、専門家にアドバイスを求めると役立つでしょう。

病的な要因には内科や皮膚科、物理的な影響や遺伝的な問題に関しては、ネイルサロンが相談相手になります。

厚みが薄く柔らかいと評される爪は、削り過ぎや栄養不足が悪い状態を招く原因で、こうなると外圧に弱く簡単に変形してしまいます。

食生活を見直し、栄養補給を十分に心掛けるようになると、厚みが増して強く負けない状態に爪が成長しやすくなります。

原因と考えられる要素は一つずつ、客観視して見直すことで、改善する為の手掛かりであったり、問題解決への道が見付かるようになります。

またどうしても、症状が良くならない場合には、病院へ1度足を運んでみることもオススメします。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ