溶連菌感染症の症状5つ!大人についてもまとめてみた!

溶連菌感染症は子供が感染しやすい病気として知られていましたが、

最近では大人でも感染してるケースが見受けられます。

そんな溶連菌感染症の症状について、

今日もはじめ君親子と神田先生と一緒に見ていきます。

はじめ君のお母さん
溶連菌感染症って色々な症状があるから、

どんな順番でどんな症状が出るか不安だわ・・・

好奇心旺盛はじめ君
今日も神田先生が解説してくれるから大丈夫だよ!!
病に詳しい神田先生
先生に頼るだけじゃなくて、自分で色々考えてみることも大事ですよ。
好奇心旺盛はじめ君
えへへっ。

ごめんなさーい。

病に詳しい神田先生
では、今日も分かりやすく解説していきますよ。

 

結局、何だかんだ解説してくれるのが神田先生です。笑

今回の記事をご覧いただくことによって、

溶連菌感染症の症状がどういった順序で現れるのか?が分かるだけでなく、

大人と子供の症状の違いについても分かるようになります!

この記事を読んで溶連菌感染症によって現れる症状の不安を、

取っ払っちゃいましょう。

では早速見ていきます。

スポンサーリンク

 

溶連菌感染症による症状1:発熱

ピンクの体温計

溶連菌感染症に感染して発病すると、

真っ先(発病して1日〜2日後)に現れるのがこの発熱という症状です。

ただし溶連菌感染症によって生じる発熱はただの発熱ではありません。

溶連菌感染症によって生じる発熱は高熱であることがかなり多いです。

具体的な数字を挙げるとすると、

38℃〜39℃くらいの熱です。

好奇心旺盛はじめ君
溶連菌感染症に感染した人のうちどれくらいの人が、

この高熱の症状が現れるんですか?

病に詳しい神田先生
積極的に質問する姿勢すばらしいですね!

溶連菌感染症に感染した人の中のうち約90%の人に、

この高熱の症状が現れると言われています。

 

神田先生の言うように、

溶連菌感染症に感染したかなり多くの人に高熱の症状が現れます。

また0〜3歳くらいまでの子供は溶連菌感染症に感染しても、

熱がそこまで高くならないとも言われています。

 

溶連菌感染症による症状2:のどの痛み

soap-635391_1920

溶連菌感染症に感染すると、

症状として現れる最も代表的なものが高熱です。

そしてそれと同じくらい代表的なものがのどの痛みです。

こののどの痛みも、

溶連菌感染症に感染して発病すると、

真っ先(発病して1日〜2日後)に現れる症状です。

溶連菌感染症による発熱はただの発熱でなかったように、

のどの痛みも単純なのどの痛みではありません。

のどが真っ赤に腫れ上がりさらに、

見るからに痛そうなのどへと変貌を遂げてしまいます。

はじめ君のお母さん
高熱にのどの痛み・・・

感染しちゃったらかなり辛そう・・・

病に詳しい神田先生
そうですね・・・

でも症状はこれで終わりじゃないんです・・・

はじめ君のお母さん
ええええ

本当ですか先生・・・

はじめ君のお母さんがかなり驚いていますが、

これでまだ終わりじゃないんです・・・

 

溶連菌感染症による症状3:発疹

落ち葉

溶連菌感染症に感染しても、

高熱・のどの痛みだけだと、

普通の風邪だと勘違いしてしまうケースがあります。

それは発熱ものどの痛みも、

溶連菌感染症の症状と風邪の症状の共通点だからです。

 

溶連菌感染症に感染して、

体や手・足に発疹ができたと気づいた時に、

溶連菌感染症に感染したんだと自覚するケースが多いです。

ちなみにこの発疹も、

溶連菌感染症に感染して発病すると、

1日〜2日後に現れる症状です。

ちなみに発疹については、

以下の記事で詳しく解説しているので、

溶連菌感染症特有の症状である発疹について、

今すぐ把握してしまいましょう。

溶連菌の発疹はいつまで続く?塗り薬が意味ない1つの理由!

 

溶連菌感染症による症状4:イチゴ舌

dog-926144_1920

発疹も溶連菌感染症による特有の症状の1つですが、

このイチゴ舌も溶連菌感染症による特有の症状の1つです。

好奇心旺盛はじめ君
イチゴ舌って何?

美味しいの??

病に詳しい神田先生
全然美味しくないですよ。笑

イチゴみたく舌がブツブツになっちゃうんですよ・・・

好奇心旺盛はじめ君
何それ〜〜

絶対にイヤだああああ。

 

はじめ君のイチゴ舌に対する反応がだいぶ一転しています。笑

このイチゴ舌は溶連菌感染症に感染し発病して、

2日〜4日後に現れる症状です。

少し時間が経ってから症状として現れるのがイチゴ舌です。

もし仮に発熱・のどの痛み・発疹にプラスしてこのイチゴ舌まで、

症状として現れたら溶連菌感染症であることはほぼ確実ですね。

 

溶連菌感染症による症状5:皮膚の皮がむける

eloquent-immortelle-197051_1920

皮膚の皮がむけるというのは、

溶連菌感染症が治ってきたころに現れる症状です。

皮膚の皮がむけることでびっくりされる方もいるようですが、

これは自然に治っていきますので心配しなくて大丈夫です。

好奇心旺盛はじめ君
インフルエンザや風邪とはかなり違ってるな〜
病に詳しい神田先生
そうですね。

皮膚や舌に起きることは普段あまりないですからね。

 

溶連菌感染症になってしまうと、

普段では考えられない症状が現れるので、

焦ってしまうと思いますが、

下の記事で解説してるような方法で治療をすれば大丈夫ですので、

この機会に正しい治療の仕方についてもマスターしてしまいましょう。

溶連菌感染症の治療法!再発や合併症は薬の飲み忘れが原因?

 

溶連菌感染症による大人と子供の症状の違い!

子供がジャンプ

溶連菌感染症による症状は基本的に同じです。

ですが大人の方が免疫力が強いので、

大人は感染しても軽い喉の痛み程度で治ってしまう場合も多いだけでなく、

再発したり・症状が重くなってしまうことも少ないと言われています。

10歳以下の子供が最も感染しやすい病気なので、

子供は特に注意をしたいですね。

ではまとめの方に移っていきます。

スポンサーリンク

 

まとめ

では今回のまとめの方に移っていきます。

最初に溶連菌感染症に感染したときの症状を、

5つにまとめてお伝えしました。

そして最後には子供と大人の症状の違いについてお伝えしました。

今回の記事の要点を押さえると・・・

1.溶連菌感染症に感染しておこる症状は、

 高熱・のどの痛み・発疹・イチゴ舌・皮膚の皮がむける。

2.大人の方が免疫力が強いので、

 再発したり・重症化することが少ない。

こんな感じでしょうか。

今日学んだことをぜひ日々の生活に活かしてみてください♪

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ